item1
item3
item5
お問い合わせは、こちらまで
item20

デビ スカルノ 講演会のご依頼は、オフィスブルースエットまでご相談ください。

item5a

株式会社 オフィスブルースエット

タレント、講師 派遣 / 展示会運営 /イベント制作演出運営進行

item5a1

株式会社 オフィスブルースエット

タレント、講師 派遣 / 展示会運営 /イベント制作演出運営進行

履歴

 

名前 デヴィ・スカルノ

 

生年月日 1940年2月6日

 

出身地 東京都

 

インドネシアの故スカルノ大統領元夫人(4人の夫人のうちの第3夫人にあたる。現在の本名であるラトナ・サリ・デヴィ・スカルノは、同大統領から命名された名前で、名前の由来はサンスクリット語で「宝石の聖なる女神」という意味である。

スカルノ大統領失脚後、フランスへ亡命。社交界で活躍。その後、数年はインドネシアに戻り石油事業家等を経て、ニューヨークへ移住する。その後は日本に帰国。現在のタレント活動等に至る。「デヴィ夫人」の愛称でバラエティ番組等に出演。その歯に衣着せぬ発言が話題になった。現在もセレブ・ご意見番として芸能界で活躍中。

芸能活動以外には、主催チャリティパーティの慈善活動や国際問題、政治的意見にも精通する。

 

著書

社交界への誘い(リヨン社)

デヴィ夫人のスラスラ英会話(主婦と生活社)

デヴィ夫人の『ここまで言ってよろしいかしら』(あ・うん)

デヴィ夫人の『ちょっと一言よろしいかしら?』(冬青社)

愛をつなぐ(冬青社) 

デヴィ・スカルノ自伝(文芸春秋)

デビ スカルノ

rogoandneme お問い合わせは、こちらまで item20 item14a item12a item10a item8a item7a item14a1 item12a1 item10a1 item8a1 item7a1