item1
item3
item5
お問い合わせは、こちらまで
item20

鈴木健二 講演会のご依頼は、オフィスブルースエットまでご相談ください。

item5a1

株式会社 オフィスブルースエット

タレント、講師 派遣 / 展示会運営 /イベント制作演出運営進行

履歴

 

名前 鈴木 健二(すずき けんじ)

 

生年月日 1929年1月23日

 

出身地 東京

 

旧制東北大学文学部美学美術史学科卒

1952年、アナウンサーとしてNHKに入局

ドキュメンタリー番組のナレーションをなど報道番組を数多く担当し、黒四ダムからの生中継(1963年)や北海道で観測された皆既日食、また全線開通前の東海道新幹線からの4時間に及ぶ実況生中継(1964年)などの大型中継番組を、独創的なアナウンスでいずれも成功させ、NHKのエースアナウンサーとしての地位を獲得した。

その後『きょうのニュース』(後の7時のニュース)を担当した後、1966年には、朝の情報番組『こんにちは奥さん』の司会に抜擢された。それまでは、報道番組でその実力を発揮していたが、主婦層をターゲットにしたこの番組でも、持ち前の探究心と巧みな話術によって多くの視聴者の心を掴み、当時人気を誇っていた『木島則夫モーニングショー』の人気を追い抜いた。

1972年に『こんにちは奥さん』の司会を降板したあとは、教養・バラエティ番組の司会に活躍の場を移し、『70年代われらの世界』などの司会を担当した他、1978年より『歴史への招待』、1981年より『クイズ面白ゼミナール』、1984年より『お元気ですか』の司会者として活躍、人気アナウンサーの地位を不動のものにした。1983年から1985年まで、『NHK紅白歌合戦』で白組司会を担当した。

退職後は、熊本県立劇場館長(1988年 - 1998年)、青森県文化アドバイザー・青森県立図書館長(1998年 - 2004年)を勤めた。

2009年現在は、著書活動・講演活動・テレビ出演のほかに、伝統芸能の維持・伝承活動に協力している。さらに、NPO法人「円ブリオ基金センター」にて、未婚女性の中絶を減らすための募金活動を行っている。

鈴木健二

rogoandneme お問い合わせは、こちらまで item20 item14a1 item12a1 item10a1 item8a1 item7a1